セミノールのパターンを入れたバッグが出来ました。
DSC01596.jpgDSC01597.jpgDSC01598.jpgDSC01600.jpgDSC01599.jpg
出来上がったトップに裏布を中表に合わせて返し口をつけてぐるっと縫ってしまいます。返し口から表に返してキルトをします。セミノールの柄に合わせてフタ部分の位置を決めて両サイドを巻きかがりします。底部分に3センチのマチをつけました。フタにはマグネットボタンを付け両サイドにはDカンの代わりのループをつけて包みボタンで隠しています。



スポンサーサイト
2010.03.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://patchwork2007.blog111.fc2.com/tb.php/428-5ebf999e
まとめ